翻訳・通訳通訳

通訳

通訳の仕事とは、そこに参加する人々が言葉のハンディを感じない環境を作ることです。通訳者はただ言葉を置き換えるのではなく、言葉の背景に込められた文化やメッセージもくみ取って訳していきますので、より確かで深い双方向コミュニケーションが可能となります。ここぞという会議にはプロの通訳をご依頼ください。

ここぞという会議にはプロの通訳をご依頼ください。
多言語通訳実績はこちらまで→

通訳の種類

◆ 会議通訳

社内ミーティングから国際会議まで、さまざまなシーンで多言語通訳サービスを展開しております。
分野も医学、バイオ、環境、金融、ITからエンターティメントまで専門分野に特化したプロフェショナルな通訳サービスを提供しております。

◆ アテンド・視察同行通訳

海外からの要人の来日、視察に伴うアテンド通訳を手配いたします。
また日本から海外への出張、視察の際にも出張先現地でのアテンド通訳手配が可能です。

◆ 通訳ガイド

来日される外国人の方は、国籍、宗教など様々で、興味を持つ事項も多岐にわたります。
日本での貴重な体験をお手伝いするべく、通訳案内士の資格を持ち、正しいガイド知識を心得た通訳ガイドを手配いたします。

通訳スタイル

◆ 同時通訳

通訳者は専用のブースに入り、ヘッドフォンを通して発言者の声を聞きながら同時にマイクに向かって通訳をします。
聴衆(聞き手)は耳元にレシーバーをつけ、通訳の声を聞きます。多人数の会議や講演に最適です。
同時通訳専用機材の手配も行っております(言語によって同時通訳は対応できない場合がございますので、コーディネーターにお問い合わせください)。

◆ 逐次通訳(ちくじつうやく)

発言者が話をストップしたところで、通訳者が訳を出します。それを繰り返し行うのが逐次通訳です。
同時通訳とは異なり、発言者と同じ時間だけ通訳者も話をします。プレゼンテーションや短時間の講演などにご活用いただけます。

◆ ウィスパリング

1〜2名に対して、耳元で発言者とほぼ同時のタイミングでささやくような(ウィスパー)小さな声で通訳を行います。
通訳を必要とされる方が発言される場合には、逐次通訳にて発言内容を通訳いたします。
少人数での会議や商談などにご活用いただけます(言語によって同時通訳は対応できない場合がございますので、コーディネーターにお問い合わせください)。